Life



第三者保証機関による配筋検査の模様です。

担当者が設計図に基づいた配筋を保証対象物になるかどうかの判断を目視などで行っています。

基本的に建築基準法は最低ラインの仕様となっているため

それ以上の仕様としなくてはいけないでしょう。

併せて保証が伴えばなおさらです!

そんな様々な視線を受けながらお住まいは建立していくのでしょう!(sim)

コメントをどうぞ

CAPTCHA