K2

DSCF0144

K2 APPROACH

アプローチをデザインする上で大切な「余韻」・・・感情の起伏をスガタとして設計していきます

境界線上の高い壁・・・それを受け止める異素材のゲート()その先の同質なる低い壁

DSCF0140

無機質なアプローチを抜けたところにあるWOODゲート

(そして塗り壁のフレーム)

DSCF0139

天井の低いアプローチを抜ければ吹き抜けとなるエントランスホール

・・・そして色鮮やかなオブジェなるアート

DSCF0134

その道程に存在する緑の空間・・・

DSCF0138

足下の植物たち・・・

DSCF0178

日中の日差しを受けて輝く空間へとつながっていきます

移り込みが美しいリブガラスのスクリーン・・・

DSCF0136

そしてチラッと見える家族HALL・・・

時間にして十数秒程度のアプローチですがいろんな仕掛けを組み込んだ設計にしてあります

DSCF0145

それを完成されるには「住み手」との相互関係をもって

成り立つところが不可欠となるでしょう

DSCF0163

完成して2年が経過しても色褪せること無く輝き続けるクライアントに

感謝の想いが募ります・・・SIM

コメントをどうぞ

CAPTCHA