I M(仮称)

DSCF2370

空間デザインに必要なディティールを決めた!そして

次のステップは模型パーツをつくることである

リアルさを追求していくとぶつかる「無い素材」・・・

質感や色といったモノを表現するには建築模型材料にも限界がある

それを代用できるものをつくっていく作業はとても楽しい

DSCF2371

壁とのチリを1mm〜2mm程度・見付は3mm程度を想定

事実こんな納まりを現場でつくり込んでいく作業は数倍となる

ただイメージしている素材と素材の納まりはいいようです

ミニマルデザインを建築模型で表現することで見えてくるデザインワークはとても楽しい(sim)

コメントをどうぞ

CAPTCHA