ARCH

DSCF2438

ARCH LDK MODEL

実施設計を重ねて行きながらデザインを可視化している

今日はLDKを中心にクライアントとディスカッションにのぞんだ

DSCF2440

住み手の目線を意識しながら什器デザインや素材バランスといった配分が一目瞭然となる。

この道程を重ねることでクライアントとの意識共通の認識が共有できた

DSCF2441

ちなみに上写真は離れである通路窓から見たLDKの景色

ちょうどキッチンに建つクライアントや背面タイルの様子が見て取れます

DSCF2439

このスタディ模型をいっしょに吟味した結果テレビボードの素材を取り払い

白壁としながら当初コンセプトに登っている仕組みを組み入れていくことに!

次回を楽しみに!!(SIM)

コメントをどうぞ

CAPTCHA