‘進行中のプロジェクト’ カテゴリーのアーカイブ

FLAGS

DSCF0053

FLAG-Bの基本プランが決定した!(ニュートラルなフレキシブル空間である)

・・・そしてルーフデザインも!

すこしずつではあるが基本構想も次のステップへと進み出しはじめている!!(SIM)

ARCH

DSCF0052

ARCH 素材とイメージ

実例の写真やサンプルを交えデザインと機能をディスカッションします

クライアントの持つ理想の姿を写し取っていくには様々な素材のサンプルと組み合わせが不可欠

しっくりいくデザインは唯一無二の住まいへと移り変わっていくはずです

きょうは長い時間ありがとうございました!!(SIM)

FLAGS

DSCF0046

FLAG-B

セカンドスタディで築いたBOX型住宅をFLAG-Aと同じ傾斜ROOFへとスタディしてみた

(分かりにくいがFLAG-Bの方を多少ボリュームを高くしている)

DSCF0044

内部空間にも単調な印象から高揚感あふれる空間へと変わったのがわかる

とくに傾斜天井における広がりは期待できそうだ

DSCF0051

 

前回まではFLAG-AとBそれぞれ単独の住宅建築が

コラボレーションしている様相だったが・・・

DSCF0049

ROOFデザインをそろえることでそれぞれが融合し統一された印象もうかがえる

ましてや空(SKY)の広がりや視野もひろがりも増し

DSCF0047

明るく軽快な印象を受ける

クライアントはどちらをセレクションするか楽しみです(SIM)

7-X

DSCF0037

7-X modelを前にミーティングを重ね「自分たちに合った暮らし」を構築しています

とくに間取りはいろんな要素を含んでいるので納得いくまでやり尽くします

(自問自答している眼差しも真剣です!!)

DSCF0036

今日はおおむね間取りや方向性も決まったことから「収納力」や

家のデザインに至るところまでディスカッションがすすみ次回へと移行

DSCF0035

このフォルムに素材感やカラーリングを施したいとおもいます

セカンドモデルに比べ構成力が増しバランスも上々・・・次回が楽しみです(sim)

Tree´s

DSCF0041

Tree´s kitchen

クリナップへおとずれ最終確認の作業に入りました

あらためてアドバイザーから詳細を聞けば「選択肢」として岐路に直面します

DSCF0034

さらに詳細を聞けば納得できる機能やデザイン・・・

暮らしで見直に感じる「道具」として「我が身に合ったモノ」をセレクトすることが肝心です

クライアントもいろんなケースを想定しながらピッタリのキッチンに仕上ったとおもいます

DSCF0038

また次回も宜しくお願いいたします!!

お菓子ごちそうさまでした!!(しもだ よしかわ)

H:SCAPE

DSCF0039

H:SCAPE 素材セレクト

実施設計中のH:SCAPE・・・コンセプトをベースに様々な様相を呈しながら

デザインテーストをチョイスしていきます

明るくて・・・温かく・・・自分たちの為に・・・

DSCF0040

そんな想いをプロの目からアドバイスをしながらトータルコーディネイトをまとめます

この何万通りもあるサンプルと向き合いながら理想の家が現実の家へと変わっていく道程は

非常にデリケートでありながら家造りの醍醐味と言っていいでしょう!!

今日はありがとうございました!(SIM)

7-X

DSCF0033

・・・前回の構想をベースに基本設計を進めている「7-X」

今回は増床するにあたりルーフデザインなど新しいライフスタイルを構築しています

とくにボリュームが変わるケースでは最初のプロポーションを崩さず

(是が肝心でできなければ最初から再トライです)

+++

外壁は最終的にはファーストプレゼンテーションのごとく「漆黒の黒」

第3のアイテムとして「ゼブラウッド」といったwoodwallをファサードに!

(クールさが増しとても相性はいいようです)

そんなまとまったカタチが要求される住宅建築・・・ちなみに「要求する人」は?

+++

答えは私・・・「自問自答」こそがこの仕事の流儀といえるでしょう(笑:SIM)

IZM´

DSCF0031

IZM´ 基本的構想が終了・・・本格的に設計へとバトンタッチされた

(クライアント!おつかれさまです!!)

・・・と、喜ぶのも一つかの間(笑)

 

新たな課題を受け取りセカンドモデルに突入です!

(プレゼンテーション時のモチベーションが沸き立ってきます)

そして構造計算や建築デザインといった設計の本幹にも!!

次回は福岡でお会いしましょう!(SIM)

Tree´s

DSCF0024

Tree´s ELEVATION

ELEVATION(立面図)は図面の中では最終に起こす図種となります

あながち最初に描くと思われがちですが私たち設計事務所では最後の仕上げとなります

それにはいままでクライアントと培ってきた素材はもちろんのこと

構造や法規・設備や器具などといった具体的な部位・・・

そして佇まいやプロポーションといった心情的なことまで・・・

全てが立面図に表れてくるといっていいでしょう

そこまでして立面図を描いたとしてもさらに微調整を施して実施図面は終わりとなります

このTree´sもその段階にさしかかってきたようです(SIM)

FLAGS

DSCF8866

FLAG-B

本格的に基本設計に突入・・・セカンドプランを基にあらためてヒアリング!

素敵なアイデアや空間イメージをいっしょに共有しながら暮らしのスタイルを構築していきます!

(今日はおやつありがとうございました!!.SIM)