K2

DSCF0153

K2 LIVING

グレージュカラーをデザインモチーフに採用したK2 空間・・・

DSCF0174

マントルピースの両脇にシンメトリー配置をしたスリット・・・

ハイサイドライトからの光のライン・・・(テーブルトップに映るモノトーンの影)

DSCF0175

セレクションされたアイテム・・・

マットブラックのテレビボードとウォールナットの対比・・・そしてグリーンとブラックフレーム

DSCF0171

いつ伺っても・・・暮らしを楽しでおられます!

あの鹿のレリーフからK2ストーリーがスタートした頃を今でもおもいだします

建築デザインは奥が深いというよりけっこう身近にあるものです

・・・そこに気付くかどうか・・・導けるかどうか、ということに尽きるでしょう(SIM)

遊水峡

3

今年の紅葉狩りは父親からの希望もあり「南小国」にすることにしました

めざしたのは「マゼノ渓谷」「遊水峡」そして「黒川温泉」

やや肌寒いものの天気にも恵まれながらの「のんびり旅」・・・笑

1

初めて訪れる「マゼノ渓谷」・・・往復800mの道のりを約1時間程度かけて進みます

今年の紅葉は先週がピークとのこと・・・今年は例年より早いらしいです

4

「遊水峡」も往復1200m・・・

この美しい川音をききながらなだらかな坂を歩いていきます

高齢の父親と運動不足の私・・・けっこう想像以上に険しく感じます(泣)

10

先には目指す「カッパ滝」・・・足下には「虹」

お昼頃から表れる現象とのこと・・・しばしマイナスイオンを浴びながら休憩

二人とも「紅葉」を楽しむことができました

6

疲れきった体を癒す「山みず木温泉」

・・・川床に面した露天風呂は「壮快」そして「楽園:笑」

目の前には美しい「紅葉」が一面・・・立寄湯の中では「上位」でしょう

(その時の父親の笑顔は忘れられないモノとなりました)

8

内庭も散策すれば「紅葉狩り」と言えるほどの楽しさ・・・

また訪れたくなる場所となりました!

そして来年は是非「霧島」へ・・・sim

9

CLOUD

DSCF0186

CLOUD APPROACH

この先には下のガレージに降りるタラップ(階段)があり

気持ちの上での「ON」と「OFF」を切り替えるスイッチの役目を担っています

それは「日常からの脱却」を意味し自分たちだけの時間をつくりあげるアプローチとも言えるでしょう(SIM)

Tree´s

DSCF0244

BLANK 木場さんが打ち合わせに来てくれました

実施設計も大詰め・・・ディティールや質感を設計・デザインを通しディスカッションを重ねています

双方クライアントから「住まいを託された身」・・・大小あっても想いは同じ!

最後はわざとらしく二人で・・・(笑)

11月23日(金祝日)には待望のBLANKショールームがOPENするとのこと!

是非みなさん行ってみてください!!(SIM)

CLOUD

DSCF0198

CLOUD DECK

「手のひら」をイメージして造り上げた空間・・・クラウド特有のスガタです

まだ何も無いこの場所に立って想った最初のイメージだったとおもます

そしてクライアントのイメージとどこかでリンクした結果なのだと・・・(SIM)

ブレードランナー2049

IMG_0006

2017年 アメリカ 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

リピートすればディティールと因果関係がより鮮明に・・・(sim)

IZM´

DSCF8312

「IZM´」SECONDへ始動!

ARCH

DSCF0208

ARCH SECOND MODEL

ファーストモデルから培ってきたスガタカタチ・・・

DSCF0206

 

環境模型の中に据えれば現地への投影もイメージしやすくなります

ファサードデザインを受け入れてくれたクライアント!

DSCF0227

 

白と木・・・そして無機質な素材という3要素を取り入れながら

「静かに佇む」をテーマに推し進めているARCH

DSCF0224

このセカンドモデルが完成したことで更なるステップへと移行できます!

今日は長時間ありがとうございました!

DSCF0221

南側からのアプローチ風景・・・

奥の和庭の塀が自然と受け止めてくれます

DSCF0226

車庫入れのときに見る風景・・・

ファサードWALLとガレージゲートのコンビネーションがリズミカルな印象

DSCF0222

北側からのアプローチはこんな感じ・・・

グレーのラインが自然と家へ誘うようです

DSCF0228

夜景となれば程々に照らすライティング陰影と木々の存在

ストリートシーンは際立つ美しさへと変わることでしょう(SIM)

DSCF0206

K2

DSCF0144

K2 APPROACH

アプローチをデザインする上で大切な「余韻」・・・感情の起伏をスガタとして設計していきます

境界線上の高い壁・・・それを受け止める異素材のゲート()その先の同質なる低い壁

DSCF0140

無機質なアプローチを抜けたところにあるWOODゲート

(そして塗り壁のフレーム)

DSCF0139

天井の低いアプローチを抜ければ吹き抜けとなるエントランスホール

・・・そして色鮮やかなオブジェなるアート

DSCF0134

その道程に存在する緑の空間・・・

DSCF0138

足下の植物たち・・・

DSCF0178

日中の日差しを受けて輝く空間へとつながっていきます

移り込みが美しいリブガラスのスクリーン・・・

DSCF0136

そしてチラッと見える家族HALL・・・

時間にして十数秒程度のアプローチですがいろんな仕掛けを組み込んだ設計にしてあります

DSCF0145

それを完成されるには「住み手」との相互関係をもって

成り立つところが不可欠となるでしょう

DSCF0163

完成して2年が経過しても色褪せること無く輝き続けるクライアントに

感謝の想いが募ります・・・SIM

CLOUD

DSCF0183

CLOUDへ訪れました(約3ヶ月ぶり)

完成後クライアントの暮らしが始まって初めて訪問・・・おたがい緊張したね(笑)

DSCF0194

すっかりMYLIFEを楽しんでおいでのご様子!

(流石ですね!!)

DSCF0189

そして暮らしを彩るクライアントカラーも・・・

自作のドライフラワーやフォトフレームなど!

DSCF0186

クライアントにとって理想の家となり

豊かな暮らしを過ごされているようで建築冥利に尽きる次第です

DSCF0201

今日は撮影ありがとうございました!

また来年お会いしましょう!!・・・写真はすこしずつUPしていこうと想います(笑:SIM)