F1

DSCF8068

タイルを住まいの内部にあしらうことにとても慎重になる

とくに心がけているのはビューポイントとなる部分だけを考えることなく

住まい全体の佇まいを「軸」として考えることです

加えて物質的なことだけではなくクライアントからもらうイメージを詩的に読み解き

ハウスデザインに加えるかどうかということにつきます

「たとえばあのときこんな事を希望されていたな〜」・・・とか

「私はこんな感じのもに惹かれますね〜」など・・・etc

DSCF8067

それには素材周りの環境整備が必要となります

たとえば照明・・・クロス・・・面材・・・色や柄・・・面積や高さなど

一目で判断できる人間の目・・・すばらしい反面やっかいでもある!

これらを整然と数値化することでデザインという美しい姿を構成していきます

このF1にも様々なデザインが投入されそれぞれが「一枚の絵」となる時が近づいています

あの場所に「一輪の花」が飾られるのがとてもたのしみです(SIM)

ARCH

DSCF8065

ARCH FIRST MODELへ・・・

内部模型に取り組みつつHOUSE DESIGNを整えて行きます

この内部・外部を整然と整理することで美しい家へと繋がっていきます!

暮らしと間取り・・・美しさと機能・・・

なかなか手強いデザインワーク・・・です(笑)

約1ヶ月すこしずつ構築されていくカタチを

数パターンに分け検証し修正し・・・繰り返すことでイメージとなる!

クライアント!!お楽しみに!!(SIM)

Robust

DSCF8064

Robust・・・家族スタディ構築へ採用を検討している「コルクフローリング」

そのサンプルがとどきました・・・エコ素材である

たしかに表面の3mmのコルク単板は触って見て馴染みがありながらそんなに堅くなく柔らかくもない

表層のコーティングがそう感じさせるのだろう・・・(メンテナンスも良いようだ)

積層構造の最下層に薄いコルク1mmが貼られている・・・これが衝撃を吸収するのに一役買っている

メーカーは遮音性も商品の特徴らしい

床暖房にも採用できることや保温性もあることから今回の家族スタディエリアには最適のようです

施工方法もフローリングと同じ・・・価格も同じくらい・・・

エコ商品というのは「コルク」の木から何度もコルク材がとれる・・・つまり循環型素材ということらしい

森を守りながら・・・ということだろう(sim)

Braid

DSCF8049

Braidへと訪れました!

(クライアント・・・お久しぶりです!!)

今日は1年点検・・・ビルダー井上監督おせわになりました!

くわえて床下点検はシロアリ専門の「ニッッショウ化学」・・・毎年ありがとうございます

DSCF8055

そして私は点検を吉川さんに任せながら他に検証するところを・・・

外壁仕上げに採用した塗料の性能を目視確認するためです!

DSCF8050

佇まいはもちろんのこと

・・・風合いも1年前そのままですね!!

DSCF8052

外壁の凸凹にたまる「ほこり」や「汚れ」・・・

電気メーター表面には雨垂れによる汚れがあるのが確認できますが

「外壁面には一切汚れなし」を確認

DSCF8051

排気口の周りや下部も「同様」です!!

そして北側のカビやコケにも・・・

「砂ほこり」「黄砂」「空気中の塵」「排気ガス」などにも有効のようです

ちなみにハイサイドライトの窓下の汚れも・・・ないようです

セルフクリーニング性能は威力を十二分に発揮しているようで

DSCF8053

今回の検証でBOX型デザインやホワイトハウスにも最適と再確認できました!!

(メーカーといろいろやりとりして採用したことを想い出します)

クライアントも写真を見せながらのご説明にとてもご納得の様子で喜んでくれました!!

設計仕様に指定した甲斐があります!

DSCF8056

中では気になるところを双方確認しなが点検がすすんでいますね!

(吉川さんご苦労様!!)

DSCF8057

もうすぐお兄ちゃんになるりゅうとくん!!

(おめでとうございます!)

最近は工具おもちゃににこっているようです!

(背中をドリルでグリグリしてきます・・・気持ちいい:笑)

DSCF8061

クライアント・・・ご家族みんなですごす時がもうすぐスタートですね!!

あっという間に1年という時間がすぎた感じですがBraidは当時のまま!!

末永くおしあわせに!!

今日はお時間いただきありがとうございました!!(しもだ)

WEEKEND HOUSEⅡ

DSCF8047

WEEKEND HOUSEⅡ

熊本地震から14ヶ月が経ちました

・・・EIIE住宅の中でクロス被害が大きかったWEEKEND HOUSEⅡ

いまでも熊本一円のビルダーは復旧工事や予約待ちの案件に右往左往しているとの事

(県外からの応援もやむ得ないとのことらしい・・・)

加えて人材不足や資材不足も・・・今なお続いている状況・・・

そんな中で今回の復旧工事もいろんな要因(補助申請手続きや地域環境の整備など)が重なり約1年・・・

クライアントご夫婦のお顔にも安堵のご様子が伺え一安心です!!

(クロスデザインを多少変更したご提案にも喜んでいただきました)・・・ご家族にも好評とのこと!

これまでいろんな意味でご協力いただいたクライアントに感謝申し上げるとともに

一連の熊本被災から元の暮らしに戻られたことにEIIEもクライアント同様に一安心です!

(西穂建設村上さん・・・大変お世話になりました)(しもだ)

F1

DSCF8041

KITCHEN TILE

DSCF8042

STUDY TILE

空間にタイルが入った・・・とても「素材の力」があって素敵です!

全てのインテリアは納まればその威力がわかるはずです!!(SIM)

CLOUD

DSCF8040

CLOUD

とうとう梅雨入りしてしまった・・・今日は外部サイディングが張り終わった!

(多少内部はのこるものの・・・よかった!)

仕上げパテ打ちも順調に進み出している・・・細かい打ち合わせは3回目!

見上げるとカフェオレ色の天井・・・やっぱり良い感じだ!

明るくて空間になじんでいます!

ホワイトWALLとの相性も良い感じです(SIM)

F1

DSCF8036

空梅雨のおかげでアプローチ仕上げがすすんでいます・・・

ざっくりした質感のタイルはとてもキレイ

ステップアップしながら大きさに変化を与えたデザインができていました

DSCF8035

南側に窓がない部屋にはトップライト(電動ロールスクリーン付)とハイサイドウィンドウ

そしてコーニス照明とペンダント照明・・・

淡い色調でまとめた空間はとても静かで落ち着きます

DSCF8028

やはり軒の深いデザインは気持ちが落ち着いて自然と和みます!!

雨の日もきっといい風景が見えることででしょう(SIM)

ARCH

DSCF8013

ARCH現地へとやってきました!!

今日は周辺建物からの視線を再確認・・・です

DSCF8014

特に2階からの視線をコントロールするために奥行きや高さ・・・そして生活環境など把握します

 

閑静な住宅地ということもあり道路を歩く人もほとんど無く・・・

DSCF8018

車が数台通るくらい・・・

検討した日影通りほとんど今の季節は敷地に落とさない感じ・・・

DSCF8017

軒あるデザインが効力を発揮するでしょう!!

日光・風向・プライバシーその関係性を活かしながら建築美学「ARCH」を目指します(SIM)

春ウコンの花

DSCF8026

久しぶりに両親に会いに行きました・・・2ヶ月ぶりかな?

庭先でとれた「春ウコンの花」

・・・とても嬉しそうに語ってくれて元気でなによりですね(SIM)