‘おじゃまします(お家訪問)’ カテゴリーのアーカイブ

K2

DSCF0165

K2 KITCHEN

DSCF0166

ガラスパーテションで区画されたキッチン&ダイニング

リビングとは視覚的につながっているスタイルです

DSCF0170

足下にはビンデージタイルをヘリンボーン張り・・・

正面には古材シェルフ・・・

DSCF0168

グレーで統一されたオリジナル家具に合わせ・・・

トーヨーキッチンをカスタマイズしています

DSCF0169

壁面収納一部にはスライド型パントリー収納・・・

奥にはパントリーエリアがあります

DSCF0002

これはキッチンからリビングを望む風景・・・

家族やゲストといったそのときのアレンジ対応できるスタイルです

DSCF0001

南側のメインテラスと北側のサブテラスに挟まれたダイニングは

風通しも良くランチタイムなど時間によって楽しめる空間となっています

DSCF6158

もうすぐクリスマス!!

来年もまた良いお年をおむかえくださいね・・・撮影ありがとうございました!(SIM)

K2

DSCF0156

K2 stairs Hall

DSCF0161

リビングを通り抜けたところに位置するvoid空間

緩やかなステップと鉄骨階段を組合わせた構成となっています

DSCF0155

道程にはクライアント自らの手づくりのオーナメント・・・

そして植物たち・・・

DSCF0159

そしてリビングを見下ろす2階へ・・・

先のスクエア窓はエントランスホールに灯るペンダントを感じるためのものです

DSCF0157

次回はキッチンをご紹介したいと想います(sim)

DUNK

DSCF2020

DUNK6ヶ月点検を実施

すっかり住み人になじんでいるようです

DSCF2018

みれば様々なアスレチックアイテムが・・・

当日仕事終わりにランニング・・・子供はプールへ・・・

DSCF2005

熊本マラソンに備え準備をしているとのこと

(応援しております:笑)

DSCF2029

ロフトには「レゴランド」が・・・

初めての滑り台に私も挑戦したものの・・・結果は(泣:楽)

DSCF2031

普段からの運動ゼロの体には負担が大きいようです

久しぶりにご家族とお話しできてとても和やかな一時でした

DSCF2030

これから先もDUNKをアスレチックアイテムとして使ってください!!

それでは良いお年を・・・しもだ

(近日中に撮影した写真をホームページに更新いたします!)

Robust

DSCF2001

Robust Void

Robust

DSCF0397

ファサードに記したアルミの塊

・・・アプローチ最初のアイテムは不変的な素材で石積みをイメージしながら

構築した時のことを訪れるたびに思い出します(sim)

CLOUD

DSCF0188

CLOUD LIVING

ダウンフロアにあるベッドルーム・・・約1Mの段差が生む高揚感はすばらしい

これも土地特有のカタチを利用してうまれた空間です

奥にはSKYDECKとなるOPENスペースも・・・SIM

Robust

DSCF8766

Robust Design

グレージュカラーで統一したRobust・・・無垢のホワイト床がとても美しく映えています

DSCF6817

ストイックまで突き詰めたディティール

・・・一つのラインを消していくと必要なモノだけが浮かび上がってきます

画像 894

パーソナルスタディエリア・・・

画像 840

キッチンブース・・・

DSCF8791

HALL・・・

DSCF8783

STUDY ROOM・・・

DSCF8788

和・・・

1画像 886

ENTRANCE・・・

語り尽くせない様々なことが一つのスガタとなりクライアントの住まいへ・・・(SIM)

K2

DSCF0153

K2 LIVING

グレージュカラーをデザインモチーフに採用したK2 空間・・・

DSCF0174

マントルピースの両脇にシンメトリー配置をしたスリット・・・

ハイサイドライトからの光のライン・・・(テーブルトップに映るモノトーンの影)

DSCF0175

セレクションされたアイテム・・・

マットブラックのテレビボードとウォールナットの対比・・・そしてグリーンとブラックフレーム

DSCF0171

いつ伺っても・・・暮らしを楽しでおられます!

あの鹿のレリーフからK2ストーリーがスタートした頃を今でもおもいだします

建築デザインは奥が深いというよりけっこう身近にあるものです

・・・そこに気付くかどうか・・・導けるかどうか、ということに尽きるでしょう(SIM)

CLOUD

DSCF0186

CLOUD APPROACH

この先には下のガレージに降りるタラップ(階段)があり

気持ちの上での「ON」と「OFF」を切り替えるスイッチの役目を担っています

それは「日常からの脱却」を意味し自分たちだけの時間をつくりあげるアプローチとも言えるでしょう(SIM)

CLOUD

DSCF0198

CLOUD DECK

「手のひら」をイメージして造り上げた空間・・・クラウド特有のスガタです

まだ何も無いこの場所に立って想った最初のイメージだったとおもます

そしてクライアントのイメージとどこかでリンクした結果なのだと・・・(SIM)