‘デザインに想う’ カテゴリーのアーカイブ

同面

miya 048

素材と素材を結びつけるための手法

一般的な「かぶせ」と言われる枠や見切り

それらを排除することで生まれる「同面」の美しいラインと空間

miya 035

どの程度「透かす」かはデザインする側のイメージできます

どの程度「透かせる」かは素材と素材の相性や性能によってきまる

miya 031

異素材同士のつながりが時としてアクセントとなり、時としてデザインとかわる

技術的技量とデザイン的技量のバランスはやはり「人」となり「人」できまるものです(sim)

2作品

画像 186

平屋建築は単純で明快な設計意図をカタチにできる反面

スガタを美しく整えるのがとても困難な住宅建築と想います

画像 129

なかでも代表作となるこの2作は自ら振り返っても

すばらしい出来映えに想います(sim)

 

idea

DSCF3113

idea

EIIE kitchen

DSCF0549

アイランドスタイル

DSCF3108

ガラスパーテーション

DSCF0554

オリジナルデザイン

DSCF2035

ブレックファーストエリア   DINING LIVING

DSCF1837

SOLO

DSCF1168

SOLO LIVING

amstyle kitchen

DSCF8271

CLOUD

DSCF0186

CLOUD APPROACH

この先には下のガレージに降りるタラップ(階段)があり

気持ちの上での「ON」と「OFF」を切り替えるスイッチの役目を担っています

それは「日常からの脱却」を意味し自分たちだけの時間をつくりあげるアプローチとも言えるでしょう(SIM)

床材

DSCF0118

床材はとても大切な素材

・・・心地よさはもちろん家中のアイテムを決める要素になります!

ここは非常にこだわりたいところ!

DSCF0119

たとえばメーカー一つにドアや家具の素材感・色彩だけでもこれだけのセレクション部位が・・・

クライアントが決定するには「点と面」の関係が合致して漸く決まるモノ!!

試行錯誤の毎日がつづきます(笑:SIM)

和のデザイン

wa

和の空間に浮かぶカタチ

シンプルで飾りの無いデザインをどうあつかいきるかは住み手次第

とくにこんなふうな余白が多い空間にするかはイメージ共有が不可欠となります

そして「床の間」の考え方には無数・・・

「日本的美学」を愛でる場であってほしいとおもいます(sim)

・・・やっとブログ再開!

DSCF8918

一昨日からコンピュータがクラッシュ・・・やっとブログ再開!

なんとかデータ復旧も終わり一安心です

(この繁忙期に・・・泣)

(しかし最近の機械は壊れやすいものです・・・)

ちなみにアナログ人間としては技術進歩にもついていけなくなったようです:笑sim

tomita

DSCF8809

tomita・・・「Art Wall LEGEND」のNEW WALLCOVERINGがとどいた!

最先端の仕上げには「技術」と「伝統」そして「センス」が・・・

空間デザインの枠を超え一点一点「豊かさと上質」が・・・

豊かな時間をつくりあげる一品です(SIM)

クチーナ

DSCF8715

「クチーナ」・・・福岡ショールームへ視察に伺いました!

創業80年のフルオーダーキッチンである

DSCF8721

私も初めて実機に接すること・・・

キッチン設計の方にもお会いでき様々な質問も・・・

いままで考察してきた経験値も・・・

いずれにいしろ体感で理解できる部位やディディールは様々である

DSCF8718

キッチンプレイスは住宅設計においてとても重要な部位・・・

暮らしの中心的機能を兼ね備えています

クライアントの趣向もこれ様々で「個性に合う仕立て」が重要です

DSCF8719

今回訪れたクチーナキッチンは「正統派」のエッセンスを感じます

加えて近年のライフスタイルの変化にも対応しながら大切な部分は守っているようです

DSCF8720

機能とデザインの両立を今回のファーストインプレッションで感じ得ながら

アレンジを加えていけば無数のカタチに可能性があるようです

フルオーダーの強みといえるでしょう

DSCF8717

200%フルフラットの塗装がひときわ際立った空間になる予感もありながら

機能的かつ耐久性など検証するに値する部位も・・・実機がショールームに来るのが楽しみです

(山村さんお世話になりました)

そして・・・意外な人物にもお会いできましたね(笑)