‘デザインに想う’ カテゴリーのアーカイブ

「キューブ」

IMG_0698

熊本ショールームに「キューブ」が入った!

今日はそのレセプション・・・すでに数組のクライアントが見聞のご様子

福岡とは違うアレンジのキューブデザイン

スッキリしたミニマルなスガタと機能性を兼ね備えているようです!

一見の価値は十分体感できるでしょう(sim)

ACTUS

IMG_0671

熊本にオープンしてから初めてのおとずれます

ACTUSは以前ROOMSというSHOPで扱っていました(渡鹿にて)

わたしもプライベートでよくいったものです(笑)・・・たしか初売りにもいったような!

そこが撤退して以降なかなかおしゃれな家具を体感できるSHOPがないなか

OPENしていたの知っていました・・・・・・ただ郊外とあってなかんか訪れることも無く今日に至ります

+++

やはり絶対数では福岡にはほど遠いもののセレクトする側の多様性に答えるのもむずかしい昨今です

これはライフスタイルの多様性といえるでしょう

モダン・ビンテージ・クラシック・北欧・・・そしてニュートラルなど

ネットが普及した今でも身近なモノはやはり触れて確かめたいものです

そんな意味ではすこしでも熊本にセレクトショップができればとつくづくおもいます(SIM)

トミタクロス

DSCF2789

いつも福岡から新作についてアナウンスしていただいているトミタクロスの伊藤さん

10年つづいたHANAシリーズが刷新された

DSCF2790

クロスといえどもその出来映えにはいつも見ほれてしまうほどの価値があるし

家づくりをするものとしてイマジネーションが湧き立てられる。

DSCF2791

美しい空間構成を成立させるための大切なアイテムである

またいつでもお越し下さい!ありがとうございました(SIM)

同面

miya 048

素材と素材を結びつけるための手法

一般的な「かぶせ」と言われる枠や見切り

それらを排除することで生まれる「同面」の美しいラインと空間

miya 035

どの程度「透かす」かはデザインする側のイメージできます

どの程度「透かせる」かは素材と素材の相性や性能によってきまる

miya 031

異素材同士のつながりが時としてアクセントとなり、時としてデザインとかわる

技術的技量とデザイン的技量のバランスはやはり「人」となり「人」できまるものです(sim)

2作品

画像 186

平屋建築は単純で明快な設計意図をカタチにできる反面

スガタを美しく整えるのがとても困難な住宅建築と想います

画像 129

なかでも代表作となるこの2作は自ら振り返っても

すばらしい出来映えに想います(sim)

 

idea

DSCF3113

idea

EIIE kitchen

DSCF0549

アイランドスタイル

DSCF3108

ガラスパーテーション

DSCF0554

オリジナルデザイン

DSCF2035

ブレックファーストエリア   DINING LIVING

DSCF1837

SOLO

DSCF1168

SOLO LIVING

amstyle kitchen

DSCF8271

CLOUD

DSCF0186

CLOUD APPROACH

この先には下のガレージに降りるタラップ(階段)があり

気持ちの上での「ON」と「OFF」を切り替えるスイッチの役目を担っています

それは「日常からの脱却」を意味し自分たちだけの時間をつくりあげるアプローチとも言えるでしょう(SIM)

床材

DSCF0118

床材はとても大切な素材

・・・心地よさはもちろん家中のアイテムを決める要素になります!

ここは非常にこだわりたいところ!

DSCF0119

たとえばメーカー一つにドアや家具の素材感・色彩だけでもこれだけのセレクション部位が・・・

クライアントが決定するには「点と面」の関係が合致して漸く決まるモノ!!

試行錯誤の毎日がつづきます(笑:SIM)

和のデザイン

wa

和の空間に浮かぶカタチ

シンプルで飾りの無いデザインをどうあつかいきるかは住み手次第

とくにこんなふうな余白が多い空間にするかはイメージ共有が不可欠となります

そして「床の間」の考え方には無数・・・

「日本的美学」を愛でる場であってほしいとおもいます(sim)