‘素材雑感’ カテゴリーのアーカイブ

ARCH

DSCF0087

ARCH TILE

定例会ではいろんなワードが飛び交います!

入手したのは「クールグレー(マット仕上げ)」タイル・・・かなり大版です!

DSCF0089

カタログから受ける印象とはすこし違うような・・・

(グレーは色彩表現で最高に難しいカラーテーストです)

艶や表面の質感・・・色調の幅など・・・こればかりはサンプルを取ってみるのが第一条件でしょう

DSCF0088

使用する目地色にも気を使います・・・クールホワイトもいいし・・・クールグレーもいいようで・・・

次回の定例会で深く掘り下げようと思います

アイテムはイメージワードを実像にかえる重要素材でもあり「趣向性」の強い要素でもあります

このアイテムは大版特有の清楚さと清潔感が得られる独特のフォルムをしています

ホワイト天板とあわせても色あせなく長い年月にも飽きないアイテムのようです!!(SIM)

H:SCAPE

DSCF0079

H:SCAPE FLOOR

検討しているフローリングサンプルがとどきました!

「チーク」はオークでもなくウォールナットでもなく丁度ミドルカラーを好まれる方に最適な素材です

これなら今、検討しているインテリアにもマッチしてくれそうです!

DSCF0082

希少価値ということもありコストは高め・・・「ソリッド」はなかなか手に入りにくい素材です

板幅も大きくとりにくいので程度が主流となります

表面は自然オイル仕上げです!

DSCF0080

無垢ならではの質感・・・「堅木」と言って良いでしょう

たたけばコンコンといういい音が・・・笑

DSCF0081

今回はコストも押さえ気味の「ユニ」タイプを提案!

みれば一枚の板をフィンガージョイントしてつないであります

よって板幅や単板から得られる空間はおのずと乱張りにちかい雰囲気となるでしょう

それでもイメージ通り温かくて明るい雰囲気になることは間違いないようです!

クライアント!サンプル見てみてくださいね!!(SIM)

「堅木」

DSCF8659

BLANKから届いた床材・・・これ以上ない「堅木」

さすが通常の商材ルートでは手に入らない素材・・・重く深い

(木工ルートと建材ルートの違いなのだろうか・・・いつしか垣根を無くしたいですね!!)

いくつもあるイメージの中の素材にアレコレ当てはめてみるのが楽しい・・・笑

また引き出しが一つ増えたようです・・!(sim)

Robust

DSCF8064

Robust・・・家族スタディ構築へ採用を検討している「コルクフローリング」

そのサンプルがとどきました・・・エコ素材である

たしかに表面の3mmのコルク単板は触って見て馴染みがありながらそんなに堅くなく柔らかくもない

表層のコーティングがそう感じさせるのだろう・・・(メンテナンスも良いようだ)

積層構造の最下層に薄いコルク1mmが貼られている・・・これが衝撃を吸収するのに一役買っている

メーカーは遮音性も商品の特徴らしい

床暖房にも採用できることや保温性もあることから今回の家族スタディエリアには最適のようです

施工方法もフローリングと同じ・・・価格も同じくらい・・・

エコ商品というのは「コルク」の木から何度もコルク材がとれる・・・つまり循環型素材ということらしい

森を守りながら・・・ということだろう(sim)

Robust

DSCF7045

Robust Glass

サンプル注文していたクラフトガラスがとどきました

(気泡が入り水飴にみたいな質感・・・)

涙の時にみえる「うるうる」とした表情がとてもいい心地よさになりそうです(sim)

スカンジナビアンデザイン

dscf5263

メーカーに注文していたSTYLE BOOKがとどいた!

スカンジナビアンデザインに映える壁紙・・・どれも素敵な素材!!

そして「暮らし豊かな」な住まいにぴったりですね!(参考になるな〜笑:sim)

HIP

DSCF9886

注文をしていたHIP COLOR PAINTのサンプルがとどいた

多種多様な色調と利便性・・・マグネットやチョークなどの機能も!

無限のカラーリングがたのしめそうですね!

気になるクライアントは!是非、「検索」を!!(sim)

K2



注文していたブラックタイルがとどいた!

マットな仕上げがなかなか良い!

ランダムなのか・・スクエアなのか・・・少し悩むところだ!

奥様がすきなアハーン的シックな趣の内部空間を構築すべき次第にアイテムがそろいだしています(sim)

GA



候補の一つとして注文していたフローリングが届いた・・・

「ブラックペッパー」という素材は見た通り黒光りした鈍い輝きを持つ

つや消し加工しているせいかその印象は比較的おとなしい!

(クールなデザインと薪ストーブとのコラボがうまくいきそうだ!)



加えて足触りもすべすべといった印象よりシルクを触っているような触感!

堅くもなく柔らかくもなく・・・といったところか!

(ブラックウォールナットより濃くそしてダークな床材を検討しているクライアントは参考にしていただきたい!)

そして柔らかさは一切なく「堅木」を連想される!

(これならペットの爪対策にも追従できるだろう)



木目に至ってはやや板目模様が際立つもののブラック仕上げ的色彩がカバーしているような感じを受ける

(ここは是非クライアントの意見をお聞きかせ願いたい!)

床一面に施したときの印象はきっと「木目」よりは「色彩」が目立つだろう

(念のためさらにサンプルを依頼し「面」で検証することとした)

コスト的には5500円/M2という「堅木仕様」ではなかなかないのも魅力の一つだ!

クライアント!次回の定例会でお確かめください!!(sim)

WOOD

プロジェクトWOOD`Sたち・・・

チーク・・・



ブラックウォールナット&エルム・・・



ロックファー&ソノケリン・・・