‘F1’ タグのついている投稿

F1

DSCF8210

F1 アクセントタイルが事務所に届く!!

(良い感じ!!・・・そして美しく光り輝くでしょう:SIM)

F1

DSCF8128

カラーミーティング!!

素材に指定色を施してもらいサンプルを基に現場指示を行いました

DSCF8127

サンプルだけではなく現場での仕立ても参考にしながらおおむね3種類・・・

軒天・和室・エントランスとコーディネイトに合う色を指定!

仕上がりが楽しみです!!(SIM)

F1&CLOUD

DSCF8020

同時進行しているF1とCLOUD・・・!

この前はクライアント同士ご紹介できてよかったです(笑)

ところであれからいろいろサンプルが集まってきています・・・週末のコーデにむけ準備中(SIM)

F1

DSCF7981

F1 コーディネイト

クライアントと長い月日をお付き合いすれば次第に好みもわかってきます!

(プロジェクトスタートした時点のイメージもありながら・・・)

微妙なラインで采配することも・・・現場も仕上げ準備に突入する連休明け

色彩を再確認すると共に最終提案を構築します

・・・これが建築デザインに息吹を吹き込む大切な作業です・・・!(sim)

F1

DSCF7911

F1 WOOD DOOR

注文をしていたエントランスドア素材・・・耐候性外部シートです!

すなわち一般アルミメーカーが玄関ドアに採用している物!

今回はその素材を活用しWOODの質感と科学の性能を兼ね備えたモノにしようとおもいます!

そして素材感・・・やはりこれで決まりですね!!・・・F1らしいかと!

クライアントはどれをセレクトするでしょう・・・!(笑:SIM)

F1

DSCF7673

F1 家具ミーティング

一般的にオリジナル家具やドアを製作するときは「承認図」という施工図をつくる

(基本になるのは設計図書や設計側からの詳細図をもとに描く図面となります)

これは設計側と製作会社との意思疎通という意味から非常に大切な行為です

DSCF7674

ところが「設計・施工会社に依頼した場合」

もしくは「設計者が入らない場合」などはこの行為が省略されている事があります

「家のサイズに合わせる」または「美しい家具」といったこだわりには必要不可欠な「承認図」です

もしその「承認図が無い」場合は、

是非、施工会社に問い合わせていただき「オリジナル家具」の精度を見極めてほしい!(SIM)

F1

DSCF7659

F1 定例会・・・快晴!

そしてF1 FACADEが現れてきました

DSCF7652

上空ではブルーインパルスによる復興支援飛行が・・・

ここからでもみることが出来ました!!

DSCF7649

でも今日の主役は「やっぱりさやちゃんですね」笑!!

ヨチヨチあるく姿はとてもキュートです!!

DSCF7650

空には鯉のぼりと白煙・・・てもも心地良い一日にです!

クライアント!エントランスドアデザイン・・・さらにかっこよくなりそうですね!

コーヒーごちそうさまでした!(SIM)

F1

DSCF7350

F1  位置決め

雨が続く今日この頃・・・気持ちも沈みがちになるも現場につけばそうでもない(笑)

大工・電気・・・ともに諸問題点を聞き出し解決していくという日々・・・

DSCF7353

今日も幾つかの「確認」と「指示」といった「デザインの現場」!

キッチンの位置も現地で実測してデザインバランスを決定!

DSCF7352

板金工事の終了を見届け明日から左官が入ってくる・・・とのこと

しかし長雨には参る・・・と外を恨めしそうに眺めています

クライアントの心配している部位も確認しながら空を見上げてしまいます(SIM)

F1

DSCF7347

F1 イメージスケッチ

コーディネイトデザインで欠かせないイメージ・・・今日は久しぶりにスケッチを描いてみました!

おおかた設計をしながら描くイメージ・・・イメージしながら描く図面・・・

双方どちらが先と言うこともないのですがクライアントにとっては初めてみる我が家のカタチ!

DSCF7349

イメージをアウトプットすることでクライアントのこだわりもはっきり見えてきます

そのこだわりを具現化するために様々な素材や仕上げを創っていくのです!!

とってもたのしい「イメージ共有の世界」・・・とてもテンションがあがった定例会でした!

(えいとくん!こんどリンゴジュース買っておくからね〜:笑SIM)

F1

DSCF7342

F1 COORD

一つの家をコーディネイトする場合、無数にイメージが浮かび上がってきます

心がけているのは「住み手の心」

「好きか嫌いか」ではなく「愛着と癒し」といったほうが素直な表現でしょう

いつもテーブルの上にピックアップした素材を・・・放置

朝・昼・夜という時間軸にある印象を何気なく観察しています

「長時間観察」することで素材に対する「気持ちの劣化」を推し量り

「残ったモノ」が候補として残っていくのです・・・SIM