風々の舎

DSCF0403

風々の舎 LAST MODEL・・・スキップ導入型

Robust

DSCF0397

ファサードに記したアルミの塊

・・・アプローチ最初のアイテムは不変的な素材で石積みをイメージしながら

構築した時のことを訪れるたびに思い出します(sim)

A/NNEX

DSCF0394

A/NNEXへとやってきました!

震災復興事業支援プロジェクトであるA/NNEX

申請書類の打ち合わせも進み次のステップに・・・まだまだ先は遠そうです(SIM)

IZM´

IZM

IZM´ 造形モデリング検証

出雲大社(出雲2日目)

DSCF0339

出雲大社は丘に挟まれた丘陵地に位置します

参道は非常に珍しい「下り参道」・・・とても興味深いアプローチです

DSCF0340

 

中程には両脇を松で固めた参道が・・・ここは神様専用の神道

そして2つ目の鳥居が見えてきます

DSCF0344

丘をこえ歩くこと数分・・・次第に厳かな気持ちになってきました

そして・・・最後の鳥居へ到着(まだまだ奥へとつづきます)

DSCF0381

上段山門がとても美しくプロポーションが素敵です

足下を見れば不思議な模様・・・どうやら発掘された大社柱の位置を示しているとのこと

DSCF0386

研究者が仮説を立てそれぞれの解釈のもとにレプリカ模型をみて

位置関係を把握することができました

DSCF0377

奥へと進んでいけば正面から見ることのできない全体像がみえてきます

とくに背面は美しく時間を忘れ見入ってしまうほどです

(カサカサと森の音が聞こえてきます)

DSCF0374

シンメトリーの造形・・・

堂々としたバランス・・・

歴史とともにあり大切に皆様から愛されている大社だと確信しました

DSCF0378

この旅の中核である「出雲大社」

明日はその歴史を知るために隣の「出雲歴史博物館」へ訪れてみることにします(SIM)

Tree´s

DSCF0391

Tree´s コーディネイト

素敵なご夫婦のために・・・

DSCF0392

そしてかわいいお嬢さんのために・・・!(SIM)

風々の舎

DSCF0390

官庁の復興事業関係で延期していた「道路境界立ち会い」が締結した

改めて敷地模型を作製・・・道路幅員により多少セットバックが必要なものの

敷地全体は当初のカタチより成形のカタチをしていてさらに広い感じを受ける

西側における隣地はやや傾いているもののあえて視線コントロールできそうである(SIM)

足立美術館(出雲1日目)

DSCF0325

快晴となった!

足立美術館は出雲市の東に位置し米子からほど近い

DSCF0321

日本庭園連続受賞の名園である

同時に芸術所蔵としても有名・・・魯山人や横山大観など!

DSCF0330

2時間はあっとう間に過ぎてしまう

足りないくらいだ・・・

DSCF0324

造形としてのこだわり・・・

作品としてのこだわり・・・など

DSCF0319

美としてのこだわり・・・

心地よさとしての・・・

DSCF0329

やはり実像として体感すべく此処へ来たことは

とても参考に!!

DSCF0320

維持することの大切さも・・・

魅せることの大切さも・・・明日は出雲大社を参拝します!!sim

CLOUD

DSCF0188

CLOUD LIVING

ダウンフロアにあるベッドルーム・・・約1Mの段差が生む高揚感はすばらしい

これも土地特有のカタチを利用してうまれた空間です

奥にはSKYDECKとなるOPENスペースも・・・SIM

風々の舎

3D2

3D モデリング考察1 ファサード・・・ROOFデザイン

3D

3D モデリング考察2 鳥瞰・・・SITEデザイン   SIM