CLOUD

DSCF8498

CLOUD・・・いよいよ大団円をむかえます

今日の最終チェックおつかれさまでした!!(SIM)

DSCF8501

IZM´

DSCF8497

「IZM´」セカンドモデルに向けスタディ模型で検証中・・・

この模型はランドリーハウス?

・・・建築デザインにおいて機能性から生まれるカタチのデザイン

これは各居室はもちろん非居室にもあてはまることです

住人の「家事動線と時短」を極力軽減し「時間のゆとり」をつくりだす事!

特にこのランドリー時間は毎日訪れる家事の一つ

・・・この解決こそが必要課題であり美しい時間を作り出す「要」となるでしょう(SIM)

ARCH

DSCF8490

ARCH sequence

基本プランを構築していく順序にはいろんな角度で検証していく必要があります

DSCF8492

今回はセカンドモデル・・・そしてマスタープランに向けてのスタディ模型をつくり

クライアント共に「住環境」をかんがえています

DSCF8496

自らの自邸が土地に建立したときのイメージ

・・・そんなシークエンスデザインをスタディ模型を通し空間の豊かさと重ね合わせていきます

DSCF8494

上の写真は南側隣家2階からみた風景・・・

2階部分の開口部も手前の屋根でガードしています(平屋なので隣家に対する圧迫感もないようです)

DSCF8489

これは西側隣家からの風景を望みます・・・

V字型屋根が中庭のプライバシーを守りつつ隣家への採光を遮らないカタチになっています

DSCF8491

交差点からの景色もガレージ奥の切り妻屋根がほどよい佇まいをつくりだしています

加えて2階のボリュームが北に移動したことで空間がひろがり街区にも明るさが出てきました

とてもいいシークエンスデザインになってきましたね!

DSCF8495

そんなARCHの中庭は外部からは、伺い知れないほど開放感にあふれ自由な暮らしを形成しているようです

このコリドール住宅の基本的な考え方や暮らし方も双方まとまり順々に設計を進めていくことに!!

今日はありがとうございました!(SIM)

ARCH

DSCF8485

ARCH セカンドモデルにむけスタディボリュームにて考察・・・

コリドール住宅を採用する場合の景色を・・・

エントランスホールやリビングからの景色も・・・

回遊性の佇まいを構築しています(SIM)

DSCF8486

MT(仮称)

DSCF8483

震災以後一歩一歩見極めながらすこしずつ進めてきたクライアント

・・・世情的にまだまだはっきりしない事象もありながらも自邸のありかたを模索しています

場所・土地・家など・・・最近になって希望の光がみえてきたそうであらためて相談を受けました!

その光がより明るくなるように精一杯お手伝いしたいとおもいます

お盆明けにはまた打ち合わせを重ね様々なハードルをのりこえていきましょう!(SIM)

風々の舎

DSCF8286

「風々の舎」の基本プランが決定

・・・基本設計へと移行しながら素材や設備のセレクションへ!

クライアント・・・頑張っていきましょう!!(SIM)

Tree´s

DSCF8482

Tree´s オリジナル家具

家の中には様々な品物が存在しています・・・特に日本は四季折々の季節感を大切にする国

また暮らしぶりは家庭それぞれ・・・いままで培ってきた暮らしやこれから年齢を重ねていく過程など

「今」を見極め「未来」に繋ぐようにしなければなりません

今をカッチリきめるのではなく多種多様に対応する「ニュートラル」なデザインを提案します(sim)

H:SCAPE

DSCF8481

H:SCAPE ショールーム視察

基本プランが整ったところで兼ねてから検証している住宅設備のショールームへとやってきました!

私たちが考えているコーディネイトもアドバイザーから詳細を聞くと・・・

思いの外自由度は限られてくるようです(笑)

DSCF8478

ステンレス製の天井だったり・・・

やはり実機を前に検証することで納得できることも多くとても充実した時間となりました

今日は大変おつかれさまでした!

またお盆明けに定例会でお会いしましょう!!(SIM)

Tree´s

DSCF8473

「Tree´s」LAST MODEL

化粧直しをしたラスト模型が完成!!

DSCF8476

・・・セレクションした素材感を写し取ったフォルムは想像以上にしっくりきている!

「森の住処」といったところだろうか!

DSCF8474

微妙な色彩(うっすら苔生した趣)とコンクリートの(荒々しい質感)

・・・明るくて馴染み深いレッドシダー的色彩

DSCF8475

・・・10年くらい経年変化した趣である

・・・落ち着いた佇まいは周りの環境をベストマッチすることだろう!

明日クライアントに全貌をお見せするときが楽しみだ(SIM)

ARCH

SUN2

ARCH item

クライアントから検証しているSOFAの視察写真がとどきました!

(広島までホントにおつかれさまです)

やはり我が身を預けるSOFAは実際に体感しなければ善し悪しがわからないアイテム

ホームページで第一印象を決め実機を見聞するはとても大切ですね

SUN3

・・・WOODフレームの細さや堅牢さ

・・・背もたれの低さと四方の納め

・・・ソリッドな構成でありながら素材感からくる心地よさもかんじとれます

空間構成を個体アイテムから発生しながら全体空間へとフィードバックしていく手法!

すこしずつ心地良いアイテムがそろいつつあります・・・(SIM)