Archive for the ‘デザインに想う’ Category

COZY

梅雨も開け朝夕だんだんと季節の変わりがわかる今日この頃!

クライアントから一枚の写真がとどきました!!

とてもいい写真なのでさっそくブログUP!!!

佇まいと空気感が表現できていてとても素敵です(SIM)

COZY

COZY

ストリートシーンにおける美しさは騒がしい日常を一変する事のできる

デザインの力をもっています

それは地域貢献の一辺を担うとともにデザインの美しさの必要性と重要性を

兼ね備えています

EIIEデザインの本幹は「デザインによる地域貢献」が主軸となります

それは

「クライアントの暮らし」を通し地域共生社会のスガタともいえるでしょう SIM

COZY(実績紹介)

COZY(実績紹介)

10年目をむかえ改めてデザインについてご紹介したいと想います

閑静な郊外の一角ならび東西に長い敷地形状そして南側における高低差を加味して

一部2階(東側に設置したのは就寝スペースにおける日射を受けるため)を有した

平屋スタイルの専用住宅です

朝日を受け夕方までの日射を計算しながらゾーニングを重ね

今の住環境の配置を構築しまいます

当時のクライアントの暮らしを時間軸にとらえ

週末における家族時間を最優先に考えながらセンターリビングの構想が整いました

ゲストルームの配置は趣味室の配置

そして家事動線やサービスコートのゾーニング

ありとあらゆるタイムワークをカタチとしてのデザインに置き換え

いまのCOZYのスガタとなっています

遮蔽的な北側ファサード・・・・

開放的な南側ファサード・・・・

この双方の明暗がこのCOZYデザインの主軸といっていいでしょう

テクニカルなディティールにもこだわり

木造におけるミニマリズムを追求した部位の集合体と言っていいとおもいます

全てが細く全てがオリジナルのデザインは当時の豊かな建築デザインを彷彿と

しています.・・・この美しい住宅建築がいつまでも保たれ

クライアントご家族を守り役目を果たす事を望むに尽きない

代表的傑作であります(SIM)

LIFE(実績紹介)

LIFE(都市型スキップフロア住宅)

南北隣接する建物に挟まれた住環境を逆手にとり開放感と採光量を得たLIFE

ファサードは西側道路からの視線を塞ぎ

アプローチ導入という空間そして北庭と取り込んでいます

通風そしてハイサイドからの採光くわえて青空を感じ取れるデザインは

LIFEのファサードにふさわしいカタチとなりました

長く南側へ昇る大屋根そして半階下がった半地下といった空間構成から得る

フレキシブルな開放感と採光

そして大収納庫における利便性などスキップフロアを軸につくった空間は

明るく豊かな暮らしを得ることになりました SIM

K2(実績紹介)

K2(都市型住宅)

建築概要

市街地河川脇に立つK2けして周りの住環境における借景も考慮する必要がありながら

東西に長い敷地を如何に有効活用する空間をデザイン構築するプロジェクトである

インナーガレージは半屋外におきファサードWALLと融合させながら

家の表情そしてアプローチデザインへと導くカタチとなった

手前から奥へと高低差があるデザインWALLは素材をすべて違うものとし

閉鎖的な空間をアレンジしています

しかし一旦内部空間に入れば解放されたプライベート空間と

衣食住を完全分離したスペースへとつながって行きます

色彩計画におけるグレージュをベースに整えたデザインは

普遍的な美しさと上質な空間を構築する一翼となったことだとおもいます SIM

問い合わせ

ホームページ https://www.e-iii.net/

メール    eiieinfomail@gmail.com

電話     0962438010

RESID(実績紹介)

RESID(都市型住宅)

建築概要

市街地中心地に立つRESID 都会のオアシスという住環境を構築する為に狭小地に可能な限りフレキシブルな空間とプライベート空間を共有する為に マッシブなボリューム構成とオープンエア構成を 2分割する事でファサードそしてバックファサードの表情 を兼ね備えるカタチとなった 結果、裏表を持たない堅牢な表情そして唯一無二の空間を 得る事となった SIM

問い合わせ

ホームページ https://www.e-iii.net/

メール    eiieinfomail@gmail.com

電話     0962438010

ARCH(実績紹介)

ARCH(コートハウス型住宅)

建築概要

閑静な住宅地の一角に佇むARCHはシンプルスタイルをベースに構成された住まい

です。コートハウス型による特徴を活かし住環境を整えています。

くわえてホワイトベースによる配色に軒先のラインを細く見せる事で

けして華美に見せない工夫をデザインに活かしてあります

日照計画には方角による日陰計算を用いながら

建築模型におけるスタディを幾度も重ね今のカタチとなっています SIM

問い合わせ

ホームページ https://www.e-iii.net/

メール    eiieinfomail@gmail.com

電話     0962438010

tomita

新作「Collage」がとどいた

いつも愛用している「トミタ」クロス・・・洗練されたデザインと材

早速読み進めたいと思います(sim)

仮想現実的な街区

進行中の建築模型・・・同じスケール感で並ぶと

さながら仮想現実的な街区が!!

あまりクライアントの家同士を見比べて見る機会はないものの結構

興味深く勉強になるかと・・・不謹慎ですね(笑)

H-SCAPE

H-SCAPE FACADE