‘プライベート’ カテゴリーのアーカイブ

夕暮れ

DSCF0027

夕暮れ時にすこし時間ができた・・・

せっかくなので櫨方門の辺りを散策することにした

DSCF0025

仕事帰りのサラリーマンやOL・・・金峰山に沈む夕日

・・・歩きながら聞こえる会話

DSCF0026

穏やかに流れる坪井川・・・

色づき始めた河岸の木々・・・

DSCF0028

時間の流れが一時止まったように感じる「夕暮れ時」

そんな空気を感じる瞬間がとても心地よくおもいます(SIM)

霧島連山

DSCF8870

霧島連山を望む「えびの高原」へ・・・

紅葉の季節も近く両親を案内するための下見におとずれました

DSCF8869

加久藤カルデラ内に属する「白鳥地区」

紅葉で有名な霧島連山のふもとに位置することや

熊本から2時間(高速移動)という距離感もあり意外に楽・・・!

DSCF8867

11月下旬には温泉の周りも紅葉するとのこと・・・

熊本から近場でいける候補として模索中です(sim)

久住

DSCF8702

そろそろ秋めいてきた今日このごろ・・・

前から気になっている日本唯一の「炭酸泉」温泉郷にいってみることに!

DSCF8711

阿蘇の雄大なカルデラも好き・・・

大分の九重連山も大好き・・・裾野のかたちがとても美しい!

DSCF8708

おおむね3時間の片道・・・いろいろ立ち寄り阿蘇をウロウロ!

ちなみに「ラムネ温泉」はイメージとちがい小ぶりな佇まい(笑)

DSCF8709

ジワ〜と体にくる「炭酸泡とぬる湯」

時間が静かに流れた昼下がりとなりました!

DSCF8710

美術館併用の温泉・・・川端康成のギャラリーはひそかに楽しめます

私も「藤森建築」に接するのは、はじめて・・・

 

DSCF8703

「温泉と建築」のコラボには多少違和感がありますが

アコヤ貝で泡を表現したレリーフはとてもいい表情を出しています

DSCF8712

帰り路ものんびり久住と阿蘇を散策しながら・・・

秋を感じる一日でした!!(SIM)

南阿蘇

DSCF8664

曇天が続く最近・・・合間を縫って父と南阿蘇へ!

(年齢を重ねたせいか非常にゆっくりした時間にて南阿蘇を散策)

DSCF8671

最近開通した「大橋」・・・おかげで南阿蘇へのアクセスは以前と同じ!

(左右の切り立った崩落の後が自然災害のすさまじさを感じさせます)

DSCF8666

数十年ぶりとなる「白川水源」・・・すっかり観光地と化していてがっかり!

滾々と湧き出す美しい泉も違う意味で見えてくる・・・泣

DSCF8667

あの昔の心地よさはそこにはありません・・・ただ参道の沢ガニだけが思い出になりました

やはり懐かしい場所に来れば自然と原風景を映し出すものですね

DSCF8668

南阿蘇の道の駅に到着すれば・・・平日でも賑わいは感じるものが・・・

猿回しに興じたり・・・

ゴルフに興じる人々をみたり・・・観光はしっかり元に戻っているようです

DSCF8669

10食限定の「カルデラ丼」・・・エクセレント!!(笑)

少食の父も久しぶりに完食!あとはゆっくり温泉につかり昼寝!

・・・寝起きの葡萄や梨をほおばりながら「ぼのぼの」とした一日となったようです(sim)

友人たちと・・・

DSCF8095

ニューヨークから一時帰熊した級友を友人たちで囲むウェルカムパーティに参加しました!!

(おかえりなさい!!)

DSCF8085

いい大人が集まって深夜まで・・・

(みなさんあのときの笑顔にもどってとても素敵な夕べとなりましたね!)

DSCF8087

幹事Sさん・・・2月からの準備おつかれさまでした!!

当人はもちろんのこと・・・ほんとにみんないきいきしています(笑)

またみんなであつまりましょう(しもだ)

春ウコンの花

DSCF8026

久しぶりに両親に会いに行きました・・・2ヶ月ぶりかな?

庭先でとれた「春ウコンの花」

・・・とても嬉しそうに語ってくれて元気でなによりですね(SIM)

キングコング

IMG_0723

2017年 アメリカ 監督:ジョーダン・ヴォート・ロバーツ

次第にこの手の作品が増えてくるこの頃・・・

懐かしさもあり期待感有り・・・と以外に楽しめてうれしい

(ちなみに誘ったのは帰省中のむすめ・・・席を一つ空けて鑑賞:笑)

・・・「猿の惑星」っぽく感じたのは私だけだろうか:笑・SIM

IMG_0726

木瓜(ボケ)の花

DSCF6825

春らしい花・・・木瓜(ボケ)

もともとは「モケ」らしい・・・とてもかわいらしい花で大好きです

・・・春もそこまで来ています(sim)

南阿蘇

dscf6258

正月三ヶ日の地元貢献「慰労」ということで父と二人南阿蘇へ・・・

震災以来、初めてとなる阿蘇は昔ながらの賑わいを取り戻していました!

dscf6255

俵山トンネル開通が一番の要因であることは確か!!

ただ行きつけの「木の香湯温泉」が休館だったのが残念・・・瑠璃温泉へGO

dscf6268

帰り道「やっぱり阿蘇はいいよね〜」と父と交わした会話に地元ふるさとの景色が

いつになく美しく感じた休暇となりました・・・sim

・・・永安である

dscf6241

元旦をすごしている・・・晴天・初詣・親族との再会など

日頃ない日常とゆっくりした時間・・・永安である

dscf6247

地元の二ノ宮神社へ・・・そして三ノ宮へ

いずれも阿蘇神社(一ノ宮)の系統である・・・

dscf6243

そしていつもように父母も元気に地元貢献している

甘酒つくりに太鼓たたき・・・本当に青空心地いい元旦である