2017年10月 のアーカイブ

IZM´

DSCF0127

IZM´ GRAY

7-X

DSCF0121

7-X BLACK&WHITE MODEL

カラーリングを2トーンにしてみた・・・!

DSCF0122

結果、建築デザイン的構築ボリュームが浮かび上がった

スマートな印象だ!!



力強く端正な趣も感じる・・・

DSCF0125

ストリートビューも美しい・・・

外装に3つの素材要素を組み込んだ結果である・・・SIM

 

床材

DSCF0118

床材はとても大切な素材

・・・心地よさはもちろん家中のアイテムを決める要素になります!

ここは非常にこだわりたいところ!

DSCF0119

たとえばメーカー一つにドアや家具の素材感・色彩だけでもこれだけのセレクション部位が・・・

クライアントが決定するには「点と面」の関係が合致して漸く決まるモノ!!

試行錯誤の毎日がつづきます(笑:SIM)

H:SCAPE

DSCF0114

H:SCAPE 素材

デザイン基本となる素材と色彩がきまった!

プレゼンテーションした当時と比べほぼぶれること無くまとまった感じだ

DSCF0115

「明るい」「温かい」「清潔感」というキーワードである

これにより空間バランスにおける色量をきめ適材適所にアレンジしていくことになる

残すは「趣向的」なポイントタイルのセレクションである

DSCF0117

いままでのイメージを「実像」に移し替え実施設計のまとめへと移行していく

今日は長時間ありがとうございました!!(SIM)

Tree´s

DSCF0113

Tree´s TILE

空間デザインをまとめるスパイスとして吟味している素材「TILE」

DSCF0112

採用する面積やアイポイントの具合・・・

そしてどの程度その素材に触れることができるかどうかの時間軸など

デザインエッセンスを吟味している(昨晩は楽しい夕べとなりました:SIM)

FLAGS

DSCF0110

FLAG-A

基本の構想とPLANが決まった!

いよいよ基本設計のスタートである!(SIM)

外輪山

DSCF0104

秋晴れ・・・外輪山を一周(霧島連山の噴火警戒を知り紅葉狩りの再検討である)

熊本に住んで以来初めての試み(笑)

DSCF0090

ミルクロードはすっかりススキ一面の景色に・・・

風と揺れるサラサラした音は気持ちいい(夕方にはキラキラした有明海が見える)

DSCF0092

左右断崖の細い歩道・・・北山展望所はアトラクションより怖い(笑)

DSCF0096

阿蘇五岳と内輪山を一望できるのはここだけかも?

DSCF0093

途中立ち寄った「花の温泉館」・・・10年ぶり

設計集団「ワークショップ」と熊本県が共同で推し進めた「産山村第3セクター施設」

DSCF0103

当時からすればすっかり様変りしてしまっている(泣)

やはり過疎化と高齢化が影をおとしているようです(池山の湧き水と温泉は以前と変わりなく気持ちいい)

1時間程度の昼寝をすませ・・・

DSCF0105

月めぐり温泉へ・・・

根子岳と高岳はとても美しく勇壮!

DSCF0106

まだまだ紅葉一色とまではいかないものの

市内から距離や施設の充実の点から楽に行ける場所なので候補地としていいようです

・・・今度はここの温泉に入りにきてみよう(温:SIM)

ARCH

DSCF0087

ARCH TILE

定例会ではいろんなワードが飛び交います!

入手したのは「クールグレー(マット仕上げ)」タイル・・・かなり大版です!

DSCF0089

カタログから受ける印象とはすこし違うような・・・

(グレーは色彩表現で最高に難しいカラーテーストです)

艶や表面の質感・・・色調の幅など・・・こればかりはサンプルを取ってみるのが第一条件でしょう

DSCF0088

使用する目地色にも気を使います・・・クールホワイトもいいし・・・クールグレーもいいようで・・・

次回の定例会で深く掘り下げようと思います

アイテムはイメージワードを実像にかえる重要素材でもあり「趣向性」の強い要素でもあります

このアイテムは大版特有の清楚さと清潔感が得られる独特のフォルムをしています

ホワイト天板とあわせても色あせなく長い年月にも飽きないアイテムのようです!!(SIM)

H:SCAPE

DSCF0079

H:SCAPE FLOOR

検討しているフローリングサンプルがとどきました!

「チーク」はオークでもなくウォールナットでもなく丁度ミドルカラーを好まれる方に最適な素材です

これなら今、検討しているインテリアにもマッチしてくれそうです!

DSCF0082

希少価値ということもありコストは高め・・・「ソリッド」はなかなか手に入りにくい素材です

板幅も大きくとりにくいので程度が主流となります

表面は自然オイル仕上げです!

DSCF0080

無垢ならではの質感・・・「堅木」と言って良いでしょう

たたけばコンコンといういい音が・・・笑

DSCF0081

今回はコストも押さえ気味の「ユニ」タイプを提案!

みれば一枚の板をフィンガージョイントしてつないであります

よって板幅や単板から得られる空間はおのずと乱張りにちかい雰囲気となるでしょう

それでもイメージ通り温かくて明るい雰囲気になることは間違いないようです!

クライアント!サンプル見てみてくださいね!!(SIM)

風々の舎

DSCF0078

風々の舎 SECOND MODEL(SIM)