恋の罪



2011年 日本 園子温作

3人の女性による視点をいろんな男性を絡ませることによって

様々なシナリオをつくりだしている。

一見、女性が主軸であるかのような錯覚に陥りやすいものの

ストーリー(詩的)が進みあたり男性目線による構成と気づく。

それまでは渦中に引き込まれそうになるものの

そこが見えてしまうと意外につまらないものである。

「情」という日本人特有の解釈のもと

愛と憎しみの狭間で生きる3人の女性。

園子温独特の演出の甲斐あってそれぞれの女優も怪演を魅せる。

無償の愛と恋心における罪と罰。

さらには妄想からの離脱を問い続けた一作だろう(sim)

コメントをどうぞ

CAPTCHA