2011年8月3日 のアーカイブ

Nature



今日は久しぶりにNatureへとやってきた。

梅雨続きでお庭の完成が整いはじめての訪問だ。

実は補修工事の監理のためということもあるのだが

住み始めてからのクライントにいろいろ聞けるチャンスでもある(笑)

話の話題はやはりとあくんやりあちゃんといった子供の話が中心となるのだが

完成した家を一番満喫しているのは子供たちかもしれない!



聞くと何気なく創ったシャワーコーナーが意外と大活躍しているとのこと・・・

りあちゃんなりがお水をまいたり汚れた足や靴をあらって家に入ったりと

遊びながらもあるのだが想定以上に活躍しているとのこと!

考えればなぜこんなところに・・・・と皆さん言われるそうだが暮らしの中にそんな遊び心があってもいいと想う。

すれば子供たちによって想定外の使い道がうまれくらしも豊かに感じるだろう。

今日は暑い中おじゃまいたしました!

こんどは是非、撮影させてくださいね(sim)

トランスフォーマー 3



2011年 アメリカ マイケル・ベイ作

レイトショーでは観ないほうがいいかも(笑)

前作・前々作のユーモア的ジョークが抑えられ終始、戦闘シーンが続く!(しかも3D)

人気シリーズには珍しく上映時間も長い。

マイケル・ベイ独特の撮影手法も重なって観るポイントを追うのに必死・・・・(苦)

字幕をよんだり変形を見届けたり(笑)忙しさ満点である。

これには、相当な体力がいるだろう(泣)

(最近は視力も衰え回復しないのである・・・)

当初の作品は単なるロボット映画という枠をこえヒューマンストーリー的シナリオが魅力の一つだった!

落ちこぼれでは、あるもののどこか憎めない青年のサクセスストーリー・・・・

恋人との掛け合いや愛情・・・・それに駆け引きなど!

ミスマッチな関係もおもしろかった。

しかし今回から脚本家も三人から一人と整理されサブストーリー的要素が無くなったように思えた。

(ヒロインの変更も違和感の一つだ。)

結果・・・・残るものといえば単なるロボット同士の戦争映画である。

このシリーズも本作が限界ぎりぎりだと思えた次第だ。

やはり深夜の映画鑑賞は静かに過ごしたいものである(笑:sim)