‘TRUNK’ タグのついている投稿

TRUNK Wurstlecker ヴルストレッカー



2011.11.11 ヴルストレッカーがオープンを迎えた。

Wurstlecker HP→ http://www.wurstlecker.com/

本場ドイツのノウハウと地元宮崎での食材を使い美味で新しい味づくりをコンセプトに取り組んだSHOP!

ドイツからマイスターを招き本物のHOTDOGは格別なものとなった。

オーナー村岡様ブログ→ http://www.corner-cafe.asia/blog/muraoka

宮崎中心地における裏カリプロジェクト第2弾である。

カリーノトランクの横に増設されたオープンスペースからは

ファッションやフードはもちろんカルチャーイベントなど地域の文化交流の場になることは間違いない。

あっという間のプロジェクトも無事終了し今日から賑わいが戻ってくる!

おめでとうございます!(sim)

SHOP Design:Malimo Design Atelier 近さん→ http://members3.jcom.home.ne.jp/info-mda/

TRUNK 2`nd



最後の定例会が行われた。

増築に当たる建築部分は終了しテナントエリアを残すだけとなった!

裏カリーノプロジェクトにあたる市街地のポケットパーク。

ドイツからマイスターを招きノウハウと取り入れたHOTDOG-shop「Wurstlecker」がオープンする。

デザインモチーフに加え今までにない美味なFOODはファーストフードとは一線を引くことに間違いない!

←Design by Malimo Design Atelier

プロジェクトに合わせ次第に活気づくファッションストリート!

オアシスともいうべきオープンカフェがうまれることでさらなる魅力UPに繋がるだろう。

11月11日オープンがとても楽しみである(sim)

CARINO TRUNK HP→ http://www.b-billion.co.jp/carino-trunk/

TRUNK 2`nd



毎週おこなわれる定例会。

A工事・B工事・C工事という工事区分が違う業種や監理。

住宅監理においては上記のような区分は稀であるが店舗建築にはよくあることである。

テナント側のクライアントもいれば建て主となるクライアントもいる。

様々な立場や作業日程が交錯する中、定例会はとても大切な場所となることは間違いないだろう。

アイドリングを短時間ですませ必要な確認作業や段取りなど行う現場事務所は、

まるでピットインを迎えるドックそのもの(笑)



オープンエアには、月桂樹やオリーブなど緑あふれる公園的憩いの場スペースとなる。

そこにオープンするHOTDOG SHOP!

11月初旬のオープンに向けて現場も急ピッチですすむ(sim)

TRUNK 2`nd



鉄骨が組みあがった。

先述のブログから一夜があけ見る目も原寸模型に何とくなく感じてしまうのは不謹慎かもしれないが

デザイン通りに運ぶ姿には惹かれるものがる。

オープンエア空間にぽっかりと空いたツリーホール。

映し出される木陰や陰影はきっと美しいだろう。



現場には原寸にて設計図が墨出しにて写し取られている。

レベルを覗きこんだりスケールを当てたりと

机上の図面よりはるかに面白い。

結局、幾人もの人の手によってカタチづくられる建築は他の芸術作品とは一線を引かなくてはならない。

総合芸術なるカケラの結晶には人それぞれの想いや

やりがいといった喜びなどが含まれながらも

設計としても役割や監理が求められるものである(sim)

TRUNK 2`nd



明後日には上棟が完了する。

そうなれば描いていたカタチの骨組みが現れ五合目まで到着した感じだろう。

緩やかな山道から急斜面へと作業もピークを迎え

多種多様な業種が所狭しと乗り込んでくる。

狭小的エリアで作業を促すには事前打ち合わせと現場確認が大事である。

毎週おこなわれる定例会は密な確認と共に業種間のつなぎがメインとなる。

来月には祭りも重なり賑々しくオープンを迎えることとなるが

明日から始まる鉄骨建て方の作業は一足先の祭り的な活気ある現場となるだろう!

TRUNK



TRUNK

ホームページ:実績写真を更新しました。

http://www.e-iii.net/works/index.php?wid=0044

宮崎中心地に建つカリーノ:アパレルブランドのセレクトショップは、

EIIE SHOP Designのファーストモデルです(笑)

来月には日本初のホットドックSHOP(MALIMO Design Atelier設計)がオープンすることとなります。

より一層、地域の活性化と文化向上に繋がることでしょう。

オープンがとても待ち遠しいですね!(sim)

TRUNK 2`nd



TRUNK へやってきた。

完成して半年!

次第にイメージしていた素材感へと変化をしてきている。

自動ドアに用いたリベット止めのスチール板にも人ジンワリと錆が現れ雰囲気を出してる。



腰壁に用いた米松型枠による模様や粗く打ったコンクリートも乾燥や風化などから

朽ちた表情へと変わりつつあった。

経年変化による素材はけして木材だけとは限らず

様々な素材に可能性と美しさをふくんでいるモノである(sim)

TRUNK 2`nd



TRUNK`2ndのⅡ期工事がはじまった!

オープンしてから半年。

いまでは宮崎のファッションアンテナの中心となったTRUNK。

そんなSHOPをまとめているのがリーダーめぐさん!(おじゃましました:笑)

100坪近い店内は最先端のファッションでいっぱいです。



TRUNK HP→ http://www.b-billion.co.jp/carino-trunk/

隣に新しいスタイルのCAFEが11月にオープンする。

市街地のポケットパークとなるエリアは緑豊かなオープンスペース。

オアシス的要素とカルチャーアンテナの役目も果たすことだろう。



そんな魅力あふれるストリートシーンを増やし市街地の活性化に躍進しつつ

地元のパワーを大切に想うカリーノの理念は新しいスタイルの原動力となっていると想う(sim)

TRUNK 2`nd



宮崎にやってきた。

プロジェクトも大詰め!

着工を前にクライアントをふくめ総括的ミーティングが行われた。

トランクの一角にオープンスペースを増築し

テナントであるテイクアウトフードSHOPを新設するという今回のプロジェクト。

立地的にも恵まれ緑で囲まれたエリアは

宮崎の新しいステージとして誕生することは、間違いない(sim)

TRUNK 2`nd



建築模型3作目が完成した。

基本設計も終了し後は実施業務と着工準備へと進んでいく。

TRUNKの一角にオープンエア的空間を構築しながら

cafe的なスペースを計画するという今回のプロジェクト。

市街地にオアシスともいえるポケットパークを置くことで心地よく風や光を感じながら

ショッピングとフードライフを楽しむことが出来る。

さらには、賑わいともいえる人々の集まりが生まれ、カルチャー度も一気に向上することだろう。



そんな大型プロジェクトは、宮崎におけるマーケティングの発信基地となるとともに

新しい商業文化や地域向上に大いに貢献することは間違いない。(sim)