2013年4月 のアーカイブ

Robust



土台敷きこみ風景:(昨日)

建築本体を支える鉄骨土台はハイテンションボルトにて緊結しています。

(すみません:写っていないようですね:笑)

そんなRobustは只今棟上げ中!!

おおむね2~3日で第一期鉄骨工事は終了し屋根工事に移行していきます。

(とはいうものの・・・今日は雨で順延:泣)

明日から再開する作業に期待しつつ次第にカタチとなっていく様はとてもビビビという感じである(笑:sim)

AXIS



AXIS定例会での一コマ!

パウダールームに採用した麻床はCFシートとは全く違う足触りである。

クライアント一押しの感覚は確かに心地いい触感!

ざっくりとした印象と水場でのこだわりだろうか:笑

そんなAXISも仕上げの最終確認が無事終わりいよいよコンプリートに向けてラストスパートである。



いちかちゃん!りんのすけくん!おつかれさまでした!!

こんどは現場で会いましょうね!!(sim)

花林の舎



花林の舎へとやってきました!

一目瞭然!

木漏れ日の美しいお庭の中にたたずむ空間にしばし・・・うっとり・・・泣!!

喧騒な都心の中とは思えないほど!



ここに築く「終の棲家」・・・・!

抑える気持も自然とモチベーションが高まります。

そんな新緑地における今日のヒアリングをかねた現地視察はとても心現れる時間となりました。

(はるかちゃん:こんにちは!:笑)

クライアント:今日はありがとうございました!!イメージング十分です:(笑:sim)

SOLID



先日のビルダー入札を踏まえSOLIDがステップアップしました。

(クライアントおつかれさまです!)

設計仕様図書をビルダー3社に同時入札していただいた結果である。

週明けにも決定したビルダーと面談等を重ね着工へと進む!

クライアント!よろしくお願いいたします。(sim)

Life



Lifeがスガタを現してきました!

マッシブなフロントファサードはクライアントのお気に入り!(笑)

道路沿いでそんなLifeを前に奥様やご主人とお話しながら「我が家」をしばらく眺めていました!!

このどことなく普遍的な美しささえ感じ得ます。

(何時間でも見ていたいくらいですね~:笑)



しかしアプローチWALLを抜ければ一変!

木のぬくもりが温かくご家族を包み込んでくれます

どことなく優しいデザインと素材感です。



このコントラストがこの住まいの特徴かもしれません。

そんなLifeももうすこしでコンプリート!

クライント!今日はありがとうございました!!

また会える日を楽しみにしています(sim)

Blossomy



地盤調査の結果が調査会社が届いた。

結果:比較的安定した地盤とのことだ!(詳細は定例会でご提示致します)

木造2階建てを設計基準に考えれば地盤改良は必要ないとのこと!

ひとまず一安心である!!

気になるのは一部コンクリート造があることだろうか。

もちろん混構造という縛りでは地耐力計算のほかにルート計算など複雑な設計が必要になるモノの

自重が重い分不利なのである。(ただどれくらいのウエイトを占めるか計算してみる価値はありそうだ)

よって二軸的に設計をすすめながら

必要条件である防音効果を見極めつつ

住環境が整えばより一層ベターなところになるに違いない!

クライアント!次回の定例会よろしくお願いいたします(sim)

URBAN RESIDENCE(サポート)



URBAN RESIDENCE!

吊型ドアの調整依頼があり当時お世話になった建具職人さんとメンテナンス訪問です。

玄関先にレイアウトした坪庭のカツラも青々と緑豊かに輝いています。

(ハート形の葉っぱがとてもかわいいんですよ:笑)



2.4mある大型引き込み戸の戸当たり的金具が取れてしまいクライアントご自身ではメンテが

難しくのご依頼だったようです。

確かに専門金物なので意外とデリケートな部分も・・・・

やはり専門職の技術が必要なようです(お世話になりました!)

職人さんもご自分が製作施工されたプライドもアリ突然のメンテも快く動いて頂きました。

末長いお付き合いを大切にしたいですね!



ちなみにコンクリートパネルを使った隠し扉も自慢のドアです!

そのほかにも造作玄関ドアや可動間仕切りなどオリジナル建具は空間をつくっています。



奥様と久しぶりにお話が出来て当時のデザインを思い出しました!(笑)

これからも末長くお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

今日はおじゃまいたしました!(ご主人にもよろしくお伝えください:sim)

追伸:こうたくん!おおきくなったね!(笑)

天使の分け前



2012年 イギリス・フランス・ベルギー・イタリア合作 監督:ケン・ローチ

コメディなのか?ヒューマンドラマなのか・・?

このままラストシーンで締めくくってはいけないような・・・・(sim)

Timelessly



Timelesslyのセカンドモデルが完成した。

クライアントと共に試行錯誤しながら生まれたカタチである

(暮らし人のスガタと言ってもいいだろう)

平屋におけるスレンダーな佇まいをアレンジすべくモノトーンカラーでまとめ上げたフォルムからは

シャープな趣が手に取る様に伝わってくる!



今回はダブルルーフを互いに交差させるようなレイアウトを採用。

フロントファサードである傾斜ルーフは朝日と日光を十二分に取り入れるカタチである。

不必要な西日をカットしながら軒の深さがデザインを整えています。

変わってバックファサードの並列型ハイサイドライトは必要な控えだけを取り入れるモノ。

ガラス面等の防汚効果も兼ね備えている。

均等に配列されたウィンドウデザインはより一層整然としたスガタを表現することとなった。

クライアント!次回の定例会でじっくりご覧ください(笑:sim)

Timelessly



注文していたサンプルが届きました!

クライアントからの要請もあり2メーカーのフロア材を検証します。

上部写真

上:大建工業/グラフィアートスーパーファイン:ホワイトオニキス柄(10.610円/m2:税込)

下:パナソニック/オーマイティフロアAシグノ:グランホワイトマーブル柄(10.246円/m2:税込)

第一印象はやはり表面の艶!

照明を当ててみるとその違いはハッキリしています。



お互い大理石をモチーフに制作されていますが

大建工業は磨き仕上げ・・・

パナソニックは水磨き仕上げ・・・・というように素材感を出す手法を変えているようです。

さすがに磨き仕上げの方が光沢があり美しい印象をうけました。

仕方ないことでしょうがすべり抵抗は低いようです。

ただ表面硬化の具合は同等で実際に爪をたてても同じ効果です。

ならばマーブルストーン的空間には磨き仕上げにおける素材感がいいと感じます。

材質はもちろん厚みや価格も同等と言っていいでしょう。

色彩に至っては光沢抜きにしても大建工業が美しいようです。

ただ大理石の種類が大建工業がオニックス:パナソニックがマーブルと微妙な素材違いにおける

石紋様の違いはあるでしょう!

クライアント!次回の打合せで実際に確認お願いいたします!

今のところホワイトオニキスがおすすめです!!(sim)