2011年10月5日 のアーカイブ

TRUNK 2`nd



TRUNK へやってきた。

完成して半年!

次第にイメージしていた素材感へと変化をしてきている。

自動ドアに用いたリベット止めのスチール板にも人ジンワリと錆が現れ雰囲気を出してる。



腰壁に用いた米松型枠による模様や粗く打ったコンクリートも乾燥や風化などから

朽ちた表情へと変わりつつあった。

経年変化による素材はけして木材だけとは限らず

様々な素材に可能性と美しさをふくんでいるモノである(sim)