2012年11月 のアーカイブ

ヱヴァンゲリヲンQ



2012年 日本 総監督:庵野秀明

どこかで観たシナリオ・・・・?

やっぱり好きな方が楽しむべきモノなのでしょうね!!(笑:sim)

Blossomy



基本設計がスタートです!

半地下におけるミュージックルーム・・・

中庭を囲んだホームパーティ空間・・・

子どもと一緒に楽しむ工作エリア・・・などなど

空間と空間とをつなぎ合わせることで魅力あふれるお住まいになることでしょう!!

これはそこに住まうクライアントご家族のふれあいにも繋がっていくに違いありません。



おおむね1年に及ぶプロジェクトはそんなクライアントご家族の想いを紡ぎ合わせながら

豊かな場所にするために邁進して行くことになりますね。

(がんばっていきましょう:笑)

今日は遠いところお時間頂きましてありがとうごございます。

またお会いでき日を楽しみにしております(sim)

Hearts



クライアントと共にバスルームを視察に訪れました!

(雨の中ごくろうさまです)

来週上棟を迎えるHeartsプロジェクト。

それに先だち設計図書にうたわれた設備関係を実機視察しながら承認していきます。

近頃はショールームも展示やディスプレイが充実してきていますね。

体感型といったところでしょうか!

日々変わるデザインや仕様など維持するだけでも大変でしょう。



住まい全体のデザインと統一しながら自分たちにあった素材や柄・色を幾通りに重ね合いながら

の打合せ。結果とても素敵なコーディネートになったかと感じました。

シンプルだけでは表せない空間になったとおもいますよ。

先行配管や下準備を想えば設備関係のセレクトは意匠設計以上に早いスピードで進んでいくものです。

そのなかでもバスルームやキッチンといったアイテムがチョイス出来れば

あとはすこしゆっくりとすることでしょう。

今日はお疲れさまでした!(永ちゃん!楽しんで来てください!!笑:sim)

Life



エイッ!エイッ!エイッ!

・・・と地鎮祭におけるご主人の鍬入れでLifeが着工いたしました!

(おめでとうございます)

今日は奥さまの妹さんも福岡から駆けつけていただき皆さんそろっての起工式です。

実際に敷地にはられた地縄をみながら「実感がわいてきました・・・」とご主人。

原寸模型を創るがごとくご家族の住まいが築かれていくことでしょう。



りゅうきくん・なつきちゃん・あずきちゃんも今はまだまだわからないかもしれませんが

きっと大きくなって今日のことをご両親から聞くことでしょう。



そして新しいお住まいですくすく元気に育っていくことでしょうね。

きっとご両親もそんな想いを馳せながらの地鎮祭だっかかもしれませんね。

小雨も上がりすこし晴れ間も見え隠れする一時でしたが

ご家族にとってとても良いスタートだったとおもいます。



その後みんなでトーヨーキッチン視察前に訪れたランチはとても楽しいお時間となりました。

こんなに大勢でご飯をたべたのは久しぶりかもです(笑)

よこで寝ていたあずきちゃんも終始笑顔!楽しそうでなによりです!!

(ランチごちそうさまでした:sim)

みんな揃っての楽しい食卓!!

きっといつもこんな感じなんでしょうね:うらやましい限りです:笑

Lifeプロジェクトは今日からスタートしたばかりですがこれからもよろしくお願いいたします。

そしてお疲れさまでした。

いっしょに理想のお住まいを築いていきましょう!!(sim)

Hearts



今日はクライアントと共にキッチンの承認&確認へとやってきました。

おおむね家づくりが着手となれば様々な設備機器など今まで検証してきた商品を

見極めながら進んでいくこととなります。

とくにキッチンなどは制作期間も長く早めの承認となるのです。

いつも通り川添店長をはじめアドバイザーの國津さんによる丁寧な説明からはじまります。

(お世話になりました)

特に今回はIHヒーターにおける標準仕様メーカーが変わるということで

実機と共にヒアリングです!



TOSHIBAがIH事業から撤退するのに変わりHITACHI製が標準品となるとのこと。

デザインをふくめ基本性能にも若干の違いが・・・・

そんな機器の説明に始まりキッチン本体のデザインもハードメタルがかっこいいカオスに!

当初からクライアントへセレクトチョイスしたモノです。

インテリアにおけるディスカッションにも話がはずみあっという間の午前中となりましたね。

今日は、お忙しい中ありがとうございます。

次回はバスルーム視察にいきましょう!

(風邪こじらせないようにしてくださいね!!:sim)

ISM



プレゼンテーションの依頼をうけ現地へとやってきました。

(ぽっかり浮いた雲が美しいですね!)

住宅地を抜け出会った場所は3方開けた空間です。

ここに立ち様々なスガタを連想しながらの視察!



隣にはすでに出来た住まいもあって意外と密着感があります。

みんな同じ方向を向いた整列配置に若干違和感を感じ得ながら住環境を読み解いていきます。

そこの一定の法則なりロジックを組み込めんでいけばきっとクライアントの求めるカタチが

浮かび上がることでしょう。

それは頭の上に浮かんだ雲のごとく自由な発想が求められます。(sim)

COZY



クライアントからエントランスフォトが届きました。

(ありがとうございます!)



完成したら是非この場所に絵を飾りたいと話されていたクライアント。

奥さまの故郷である五島列島を思い出す絵にしたとか!!

(お優しいご主人ですね!!)

熊本出身の絵本作家、葉祥明さんの「海の伝説」という作品だそうです。

(とってもブルーの色彩がエントランスに映えて素敵です)

伺った際には是非この目で見てみたいものです。

最近は冷え込みも厳しくご家族皆さんお体ご自愛ください。

またお会いできる日を楽しみにしております(sim)

ワッゲンオッゲン(女たちの都)



2012年 天草 監督:禱(いのり)映

NOT LONG AT NIGHTにつづき熊本・天草を舞台にしたストーリーは

地元牛深に生きる人たちの奮戦記というべきでしょうか!

女性パワー全開にタジタジしてしまいそうです(笑)

ちかごろはB級グルメやゆるキャラなどいろんなアイデアが地方で生まれています。

生み美しい島国におけるカルチャールネサンスというべき取り組みから

今回のようなプロジェクトが一役買うことでしょう。

牛深が天領だったことも今回初めて知りました。

(きっと豊かな国だったんでしょうね!!)

そして遊郭なる存在も・・・・

おもえば熊本に暮らしながらあまり知らないことばかりです。

だとするとネット社会に翻弄させがちな中央文化より面白いことがいっぱいありそうな

印象を受けます。

きっと現地に赴けばわかることかもしれませんね!

このようなロードムービーをみればやっぱり行ってみたくなるのはしかたありませんね(笑:sim)

Blossomy



Blossomyのプレゼンテーションです!

(いっぱいお時間頂きましてありがとうございます!!)

概ねお会いしてから約6週間、とっても喜んでいただいて幸せです(笑)

今回のプロジェクトは4方向囲まれた住環境のなかに如何に緑豊かな空間を感じながら

ご家族みんなで楽しく過ごせる場所を構築するかというミッションです!



そんな家族時間を大切にして頂きたいし、もちろん週末はゆっくりして過ごしてほしい!!

そして日々の毎日を如何にストレスなくスムーズに営むことが出来るかがポイントでしょう。

さらにはゲストを迎えた時の出迎えのレシピやホームパーティなどが楽しめるレイアウトなど

いろんなケースに対応できる間取りにもこだわりました。



まずはアプローチです!細長くのびたカタチはとても素敵な場所になるでしょう。

母屋との繋がりも大切にしながら半分は和の佇まい!そして半分は花に囲まれた場所というように

デザインエリアのバランスを考えていきます。

静寂の美&木漏れ日の空間といったところでしょうか!

トンネルを抜けるてエントランスポーチにつくと明るい中庭に辿りつきます。

そこには暮らし豊かな空間そして桜の木々が見てとれるでしょう。

そこにメイン動線とサブ動線を用意し仕事帰りで汚れたままバスルームへと直行できます。

あわせて家事動線を集約して大半の仕事がこのエリアで完結するでしょう。



キッチンを中心としたレイアウトは家事動線はもちろん家族との繋がりも豊かになります。

広々としたダイニングリビング・一段下がりのメインリビングそして横にはゲストを迎える和室など

流れるように奥へと進んでいきます。

たまに開かれる集まりやご宴会・ホームパーティや女子会(笑)など様々なスタイルに対応することでしょう。

日頃はまれちゃんのお昼寝スペースや遊び場所などなど・・・・活用性ばっちりです。

縁側に設けたアウトリビング空間もここちい場所になるでしょう。



半地下を利用たRC造つくりのレコードルーム!

(2重扉による防音ルームバッチリです:笑)

スキップフロアを活用した子供たちとの折り紙スペースなど・・・・

(近くに水回りがあって便利ですね!!)

そんな暮らしをスムーズな間取りにレイアウトしながらいろんな取り組みをさせていただきました。



設備を決めたり・・・・素材を決めたり・・・・

大切な基本性能を見極めながらビルダー3社のご協力もあって概算予算まとまりました。

そんなプレゼンテーション資料は、

きっとお二人にとって家づくりの指針になったことでしょう!

さらには理想から現実へ向かう第一歩としての一日になったことでしょう!

今日は遠いところお時間頂きましてありがとうございます。

そして地元に根差した映画のチケット!!ありがとうございます!!

(さっそく行きましょうね:笑)

これから広がるご家族の家づくりを応援しております!!(sim・yosi)

最強のふたり



2011年 フランス 監督:エリック・トレダノ

とっても感動です!!(今年一番・・・笑)

自立することへの素晴らしさや友情にも似た信頼関係といいますか・・・・

相手に対する接し方・家族への想いなど

へたくそでも自分らしく屈託のない人間関係を見事に表現しています。

それは希望という光を登場人物一人一人にスポットをあてながら

最後にはみんな全てがストンと落ちる納得の答えを感じたからです。

なかなかこのような複雑な心情的ストーリーをまとめた作品には、巡りあわないと想います。

きっと何度見てもスカッとすることまちがいない一作です!(笑:sim)

追伸:音楽もサイコーです!!