2010年7月14日 のアーカイブ

鈴木エドワード



今日メーカーから新作の水栓がやってきました。水栓メーカーではおすすめの三栄水栓です。様々なアイテムをもっていてデザインや機能面では信頼を置いています。そんな新作は建築家「鈴木エドワード」がデザインしたキッチン水栓。

うむうむ!!どれどれ?ってピカピカしてた新品が・・・・触ったり、曲げたりっていろいろ触るんです。

ショールームではみなさん遠慮しながら見てますが僕はちがいます。商品を決めるのってやっぱり遠慮なしですよね!

聞きたいこともはっきり!言いにくいことや意地悪なことも・・・(すみません!じつは商品と一緒にメーカー担当の知識確認してるんです!)

なかにはしどろもどろになるケースも!!そんなこんなでどうです?この水栓。

僕的にはアリだな~。ぱっと思ったのがユニバーサルデザインってこと。取っ手がまん中についてるでしょう!利き手に関係なくそしてシンクの両方から使えますよね!(どっちか手が空いてるほうとか。)良く皆さんは手が濡れちゃう!っと思うでしょうが人って肩幅がある分手も斜めから延びてるでしょ!(ま~エドワードさんは特に肩幅が広かったけど・・・すみません!とってもかっこいい人ですよ!)よく考えていますよね。気になるのはホースが伸びる仕掛け。僕的には必要ないし結構2~3年でホースが切れるケースもあるんです。(水受けがシンクの下についてるのもいやだけど・・・。)保証は1年だしね。特に熊本って水の成分が堅いせいかアルカリ成分が多いんです。カルキの白いのもつきやすいし!ほっとくと石みたいにカチカチになるし・・・・。やっぱりメンテナンスのこと考えちゃうかな!(料理のときはそんなこと忘れてガンガン使うタイプだけど。)←結構乱暴かも・・・?男の料理?だからシンプルで単純のほうがいいんです。

ま~。ぼく的には合格点かな!みなさんどうですか??

ついでにちかごろ気になること・・・キッチンってまるで収納家具って感じ!いつから料理主体から収納主体に変わったんだろう!基本をわすれて大切な「料理の楽しさ」ってやつを忘れているよね!ごちゃごちゃしすぎ!笑っちゃいます!だからキッチン専門メーカーを薦めるんです。(sim)

ちなみに三栄水栓HP→ http://www.san-ei-web.co.jp/

三栄水栓メンテナンスHP→ http://www.san-ei-web.co.jp/view.php?pageId=1012&genre1=

専門メーカーのトーヨーキッチンHP→ http://www.toyokitchen.co.jp/

トーヨーキッチンメンテナンスHP→ http://www.tk-maintenance.com/

COURT HOUSEⅡ





メインコートにある2種類のルーバー。アルミと木製の二つがあります。←ルーバーこだわっています!

アルミルーバーは可動式なんです。それに既製品!!ソーラーブレードっていいます。(かっこいいでしょ!)ルーバーを開閉することでプライバシーや風通しを調整できるんです。大きさは1.8m×1.8m。(インターネット購入で組み立ては別)←たしか16万円程度だったかな~?サンワカンパニーってサイトで取り扱っています。1週間くらいで届きました!(図面は創ってあげるんですけど・・・・)以外にきちんとしていて質感もバッチリです。

サンワカンパニー・ルーバーHP→ http://www.sanwacompany.co.jp/categories/164.html

もう一つはオリジナルルーバーです。

木製ルーバーとアルミルーバーを組み合わせました。60×20の木にL型アングル40×20を組み込んで互いに隙間を5mm程度取っています。アルミアングルがつくる陰影がとっても好きでとくに気に入っているんです。雨もアングルが庇の役割をしてくれるんで耐候性も向上しています。表面には木製保護塗料をぬって(ウォールナット!)ガード。そんなオリジナルルーバーをL型にデザインしてプライバシーと風通しを確保したんです!←どうです!違う素材をアレンジしたらおもしろいでしょう!

そうそう!コーナーの止め加工が結構シビアで苦労したんです!(危なくないように角は丸くなっています。)たしかコストはソーラーブレードとおなじくらいだったかな!

ま~アンリの脱走防止でもあるんですけど!!広いデッキであそんでね!ナナといっしょにね!!

ちなみにデッキは、セラカンバツっていってとっても耐候性がいい素材!厚みは30mm程度です。表面にリブ加工がされています。メンテナンスはもちろんいるんですけど是非検討してもらいたい素材ですよ!←重いです!(sim)